第8回ホビークッキングフェア2015

JALの客室乗務員らと販促活動
福岡/筑前あさくら/永井雅子

青ネギのトップブランドを誇る、JA筑前あさくら博多万能ねぎ部会は東京都内の東京国際展示場で開かれた「第8回ホビークッキングフェア2015」で、航空輸送のパートナーである日本航空(JAL)の客室乗務員らとともに、試食宣伝などを通じて「博多万能ねぎ」をPRした。同フェアでは初めての試み。

DSC_0242DSC_0246

同部会は1978年、「博多万能ねぎ」の航空輸送を開始。以来、CM展開や広報誌掲載などを通じ、37年にわたって同社とパートナーシップを確立してきた。

同フェアでは、主婦、野菜ソムリエら来場者を対象に、「博多万能ねぎ」を使ったスムージーやジェノバソースの試食宣伝を実施。客室乗務員や小柳主税部会長、同JA職員らが来場者に配布、効能やレシピを説明するなどしながら、「博多万能ねぎ」をPRした。

DSC_0240DSC_0220

同部会ではこのほか、調整作業体験、「博多万能ねぎの米粉でねぎ焼き」などオリジナルレシピによる料理教室の開催や、野菜ソムリエとタイアップして考案した「博多万能ねぎ」のオリジナルレシピの配布を実施。薬味や和風料理以外の多彩な楽しみ方や効用などをPRした。同JAの特産品や「博多万能ねぎ」が当たる抽選会なども行い、人気を集めた。

DSC_0227DSC_0183

同フェアは、一般社団法人流通問題研究会、一般社団法人日本ホビー協会が共催。同部会は今回、「『博多万能ねぎ』できれい」をテーマに出展した。

同JA担当職員は「消費者との交流を行うことができ、非常に良い試食宣伝を行うことができた。今後もこのようなイベントを通じ、有利販売へとつなげていきたい」と話していた。

 

カテゴリー: お知らせ パーマリンク